ウーマン

30代専用の 基礎化粧品に交換してみよう!

肌ケア用品

成分にこだわった化粧品

幅広い肌質の人に合い、肌に優しい美容成分で出来ている奇跡のオールインワンがメディプラスゲルです。低分子化した高濃度美容成分が角質層の奥にしっかりと浸透するので、潤い効果が続きます。肌に触れる回数が少なくなれば、肌への摩擦も減ります。

早めのエイジングケア

笑顔の女性

年齢に合うケアを開始

若い頃に紫外線を浴びたダメージとして30代を過ぎてからシミなどが出るようになってくるので、その年齢になって来たら今まで使っていたスキンケアのアイテムを今の年齢に合う基礎化粧品に変えるようにしましょう。20代の頃に比べて30代になると肌のターンオーバーに掛かる時間が長くなり、セラミド不足によって肌が乾燥して皮脂が少なくなっていきます。Tゾーンに悩んでいた人は皮脂の減少に喜ぶかもしれませんが、皮脂が減ると毛穴が目立つようになりますので注意しましょう。その為にも基礎化粧品に頼り、今まで以上に乾燥対策として保湿を行って毛穴を引き締め、ケアを怠らないようにすることが大事です。もちろん紫外線も良くないので、外出時は日焼け止めを塗りましょう。

目的別で揃える

自分の肌質を理解しているのであれば基礎化粧品を、悩み別で揃えると良いでしょう。毛穴が目立つのが気になるのなら、毛穴対策に重点を置いたエイジングケアが良いですし、シミや顔のくすみが気になるなら美白ケアを行うと良いです。ただし30代は年齢が変わると同時に肌質も定着せずに変わりやすい時期でもあるため、同じの基礎化粧品だけに頼るよりも複数の化粧品を揃えるべきです。最近ではお試し用に一週間程度のサンプル商品がありますので、自分の肌に合う商品を見極める為に定価格のそれらに頼るのも良いでしょう。特に若い頃にはエイジングケアを行うというよりもメイクをする前の土台作りとしてケアをしていた人も多く、30代からは素肌の為にケアを見直していきましょう。

美容クリーム

負担の少ないスキンケア

オールインワンゲルを使うと、水分と美容成分とを肌に与えた上で、油分の膜を張ることができます。化粧水や美容液やクリームを別個に使う必要がないため、時間の節約ができるのです。また、重ね塗りをせずに済む分、摩擦や化学成分による刺激は少なめとなります。負担の少ないスキンケアとなるため、需要は高まっています。

クリーム

いい肌は毎日の習慣から

敏感肌は化粧品や洗剤などで肌が荒れたり、花粉症などのアレルギーで荒れたりすることもあります。十分な睡眠とビタミンAやたんぱく質、鉄分、亜鉛などバランスのいい食事をすることで改善することもあります。敏感肌用の化粧品もあるのでサンプルなどを使い自分にあったものを使うことができます。